風評被害を受けない為に気を付ける事。受けた場合の対策もご紹介!

>

風評被害の実態

企業側の視点で出来る事

風評被害の要因で多いのが、企業が発売している商品へのクレームや不信感から発生するものです。
商品へのクレームから企業への風評被害に繋がる事も珍しくない為、しっかりと防止策を行う事が大切となります。

・自社商品のリスク要因分析を行う
リスク要因分析とは、商品の概要を細かく調査し、クレームや不信感に繋がる要因が無いかを分析する事です。
例えば、カップ麺を販売している会社であれば、そのカップ麺の原材料や製造地を調査し「最近問題が起きている要素は無いか」を分析・対策をする事で、クレームを未然に防ぐ事が可能となります。

・SNSを定期的にチェックする
Twitter等のSNSは情報がいち早く流布される為、もしここから悪評が出てしまうとすぐに拡散されてしまいます。
常に監視となると難しいですが、定期的にチェックをし、消費者のフォローを行う事が大切です。

企業側の出来る対策は、いかに消費者側に立てるかが重要となります。

消費者側の視点で出来る事

風評被害を受けない事も大切ですが、自分自身が風評被害の発端とならない様にする事も大切です。

・発信される情報を鵜呑みにしない
ニュースやSNSで流れている情報というのは、時に誤った情報である事も多々あります。
入ってくる情報を鵜呑みにして自分から更に拡散しない様に、「本当にこの情報は正しいのか」を調べて正確な情報を得る力を身につけましょう。

・必要以上に不安にならない
情報が正確と分かると不安になってしまうと思いますが、その情報が自分自身に当てはまるとは限りません。
例えば、TVで「あの商品は体に悪い」という内容が良くありますが、実際は人の体質にもより、全ての人が当てはまる訳ではない為、それほど重大に受け止める必要はありません。
必要以上に不安にならずに、自分に害がある内容なのかを冷静に見極める様にしましょう。

消費者側で出来る対策は、正確な情報を見極める力を付けるといった点が大きいです。