風評被害を受けない為に気を付ける事。受けた場合の対策もご紹介!

>

風評被害による実害の例

大地震による放射能問題

最も記憶に新しい風評被害と言えば、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による福島第一原発事故の放射能問題でしょう。
確かに原子力発電所の事故があった事は事実ではありますが、その影響について正否の判別がつかない情報がネット等で流布された事により、今なお様々な問題が発生しています。

その最たる例が「福島県産の素材を利用した商品への被害」です。
現在でも福島県産の商品は危険ではないかという意識が残っており、危険だからやめておいた方が良いという声を上げる人も多いです。
しかし実際には、現在の福島県産の素材は国が定めた厳正な基準をクリアして出荷されている物の為、安全性については問題ないと考えて大丈夫だと言えます。
これは正否が定かではない情報により不安が根付いてしまった事による、一つの風評被害と言えるでしょう。

実例から学べる風評被害の恐ろしさ

上記の例から分かる風評被害の恐ろしさは大きく分けて2点あります。

まず1つが、「沈静化には途方もない時間が掛かる場合がある」という点です。
上記の放射能問題の風評被害というのは実に7年近くたった今でも未だに続いており、関連する企業を苦しめている問題です。
もちろんこれは他の風評被害のケースでも言える事であり、一度不安が根付いてしまうとその解消は容易ではありません、

そして2つ目が「被害の範囲の広さ」です。
今回のケースだと問題となっているのは福島県産の素材になりますが、その影響は福島県産の素材を使った商品やそれを扱っている企業にまで波及しています。
これも、ある企業が風評被害を受けた際に、その企業が出荷・発売している商品を使った別の企業にも影響が出るという事でもあり、被害の拡大はとどまる事がありません。

以上の様に、風評被害は非常に厄介な問題です。
自分が巻き込まれない様にしっかりと対策を行いましょう。