ネットでもよく聞かれる風評被害って何?

風評被害を受けない為に気を付ける事。受けた場合の対策もご紹介!

風評被害の実態

悪意のある情報が拡散され発生する風評被害は、一度発生してしまうとその収拾は非常に困難となります。 では、自分がその様な風評被害を受けたり、巻き込まれない様にするにはどの様な対策を行えばよいのでしょうか? こちらのページで風評被害を受けない為の防止策をご紹介します。...続きを読む

もし風評被害を受けた場合は早急な対応が必須

あなたがもし風評被害を受けた場合、どのように対応しますか? 「時間が立てば収まるから放置しておけば良い」と思われている方もいるかと思いますが、残念ながらその方法は正しい対応とは言えません。 風評被害を受けた際に行うべき対応方法について、こちらのページでご紹介します。...続きを読む

風評被害による実害の例

風評被害の防止策や受けた際の対応方法について確認した後は、実際に起きた風評被害による実害をご紹介します。 情報の受発信だけで起こり得る被害を確認し、自分が受けないようにする事はもちろん、自分自身が風評被害のきっかけにならないように気を付けておきましょう。...続きを読む

自分が風評被害を受けない為に

情報の発信や取得はSNSの発展により昔以上に容易となりました。
しかし、その陰には悪意ある情報操作に伴う風評被害も社会問題として浮き彫りとなっています。
この風評被害が一体どのような物で何が問題なのかをご紹介します。

風評被害とは、誤った情報や悪意あるデマ等により、企業や物が被害を受ける事です。
例えば、本来は問題の無い食品に対し「あの食品は腐った食材を使って作られている」とデマを流した場合、その企業は問題の無い企業のはずなのに評価が下がってしまいます。
これが風評被害となります。

風評被害が表面化し始めた背景には冒頭でも出たSNSの発展にあります。
SNSが普及していない時代の場合、それこそ人混みの中で大声で叫ぶ等をしないと情報の拡散というのは非常に困難でした。
しかし今はSNSが普及し、Twitterや2chなどへ自身に悪気が無く書き込んだ内容でさえも、あっという間に拡散され多数の人の目に触れる事になった為に、デマなどの風評被害が社会問題として取り上げられる様になったのです。

また、風評被害の厄介な所は、賠償請求などの法的措置が非常に取り辛い点にあります。
まず発端がSNSへのデマの書き込みであると分かった場合、誰が書き込みなどを行ったかを調査する必要があります。それは弁護士を通じてSNSの運営会社へ情報開示請求を行えば不可能ではありません。
しかし書き込みを行った人物が判明した後に問題となるのが、被害額がいくらなのかの立証です。その為にはデマという不確定要素の多い内容から、客観的な証拠などの具体的な内容を導き出す必要があり、それは非常に困難な事なのです。
よって、風評被害での賠償請求は困難を極め、仮に出来たとしてもかなりの時間と労力をかける形となるのです。

当サイトではそんな風評被害の防止策や対応策について、ご紹介します。